インフォメーション

新型コロナウイルス感染症における今後の給付金のお支払いについて

この度の新型コロナウイルス感染症により罹患された方々に、心からお見舞い申し上げます。
 当社では2020年4月より新型コロナウイルス感染症と診断され、宿泊施設または自宅療養にて医師の管理下で療養された場合、約款上の「入院」として取扱い、入院給付金のお支払い対象とする特別措置(以下、「みなし入院」)について、10月16日(日)以降のお支払い対象を以下のとおり見直しいたします。

詳細はこちらをご覧下さい。

新型コロナウイルス感染症に対する療養期間の見直しについて

新型コロナウイルス感染症の療養期間見直しについて


 

【療養期間の変更】

9月7日以降、療養期間の考え方が変更となりました。

 

①無症状と判断した場合 ・・・ 最大  7日

(5日目の検査で無症状の場合5日間)

②症状有と判断した場合 ・・・ 最大  7日

  
 
 
 

※ 自己判断で自宅療養や保健所への届け出のない“みなし陽性”は対象外です。

※ 医療機関へご入院された場合は、従来通りの取り扱いといたします。

新型コロナウイルス感染症ご請求に関するお知らせ

「新型コロナウイルス感染症」により影響をうけられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、給付金のご請求が大幅に増加しており、給付金をご請求いただいてからお手続きが完了するまでにお時間を要しております。あわせて、給付金請求に関するお問合せが増加しており、コールセンターがつながりにくくなっております。

 

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1 2 3 22